忍者ブログ

Jin.blog

今夜はヒーコー杯!!
おはようございます。
ジンです。

今夜20時ごろから、またまた『哲子の部屋』と共同で、"ヒーコー杯"開催します!!

そもそもヒーコー杯とは…??
僕のVF4からの人間ではありますが、町田ビートライブのグランプリ(毎週土曜開催シングル戦)に参加していた人や、年越しビートライブ、年越しクリームソーダ(だったっけ)などでマルワイと過ごした人ならわかるかと。

こういったイベントの際、あくまで突発開催の催し物として、開催されてきたのが"ヒーコー杯"と呼ばれるものです。
なぜ"ヒーコー"か。これは『負けた側が勝った側に、コーヒーを奢る』というのが始まりだったことから、こういう名前になったそうです!!
※町田の先輩達、若人さんBANちょさんがTwitterで教えてくれました(^^)


で、その内容を簡単に説明すると、

・まずヒーコー杯参加メンバーを緩募。(だいたいその場にいる人みんな出る)
・参加者の中から、実力がほぼ同じぐらいの4名ほどをリーダーとして選出。(段位高低は関係無し。むしろレディースプレイヤーや段位低めの人がよく選ばれてた)
・リーダー同士でじゃんけんを行い、勝った順に、参加メンバーの中から自チームのメンバーを選んでいく。(参加者はこれは見ない※)
・じゃんけん>メンバー選出を何度か繰り返し、各チーム決定。
・あとは決まったチームでトーナメントを行う。(負けトーナメントもあって1位から4位まで決める)

※自分が何番目に取られたとか、最後のほうに残ったとか、気分悪くなったりするからですね。

コレに、参加費100円とかして、最下位になったチームはもう100円、勝ったチームはなんと…!!
って感じ。
だいたいみんなお酒やつまみ買ってきてくれたりする。


あくまで催し物だから全然ガチじゃないし、そもそも遅い時間だから酔っぱらってる人もいるし、楽しむためだけのイベント。
当時はSNSも今ほど一般的ではないし、プレイヤー同士仲良いこともそんなに無いから、このイベントで初めて話すなんてこともちらほら。

あとは何が面白いって、この突発イベント、(酔っぱらった)マルワイが実況してくれるのです。
しかもタチが悪いことに、取りけん(チーム決めじゃんけん)の様子も見てるもんだから、

(一番人気の人が登場すると)
「ドラフト一位ぃ~!!」って叫んだり
(負けたら負けたで当然いじる)

(最後のほうで取られた人が活躍すると)
「安い買い物ぉ~~!!」とか「まさかの活躍~!!」つって指差して爆笑してたり…笑


いやいやほんと楽しかったなあ。。
何よりたくさんの人に良くしてもらったり、友達ができたり。
今もつながりがある人もたくさんいます。
甲府も初めて話したのはグランプリの後だったかな。。

それと、そういうイベントでもチームのために戦うわけだから、色んな場面で試合をすることにも慣れていったんだとおもう。。
なんだかんだあの頃は毎週大会出てたし、大会で緊張して動けないなんてことは無かった。



…ってものすごく脱線しかけましたが、とにかく"ヒーコー杯"というのはそんな感じ。
とにかくみんなでワイワイゆるく楽しむチーム戦ですよ、ってことがわかってもらえれば有難いです。

で、これをせっかくだから配信イベントとして開催して、直接集まるワケではないにせよみんなに楽しんでもらえたら、という企画です。

LINEを知らなくても、Discordを使ってグループ通話しながら試合もできる。
グループ通話しながらということは、出し順をみんなで相談したり、アドバイスしたり、応援したり。。
チーム戦の楽しさってそこですからね。

もしも今までチーム戦に参加したことがない人がいたら、こういう機会に。
あとは配信観て「チーム戦ってこんな感じなんだ~」って伝えられたら幸いです。


今回は2チーム、1試合ですが、好評だったらまたやりたいところ。
放送は本日夜20時ごろから!!
HSAチームは『哲子の部屋』から。
僕のチームは『松下大サーカス』で放送します。


良かったら観てみてくださいね!!
コメント・応援もお待ちしてます。

HSAチーム:カメレオン/三茶アキラ/じゃんぬ/安全パイ/銀狼/中町/苦道訓/くろだ/すこやかヒゲラウ/ひらがなであおき/土城漁会8号

ジンチーム:ちょっぱぁ〜/グリやん/キース/ゴルゴンゾーラ/大山田カニ商会/翠嵐/ハイパーボーナス/宇治のZAN兄/ジュリエッタ紗羅/パウダー/青鷹


あ!!書き忘れてましたが、今回負けたほうのチームリーダーは何かしらの形でゲーセンへ支援したいと思ってます。
哲子の部屋は最大視聴者数×10円だったかな。。
僕はゲーセン支援のキーホルダー購入もいいかなと!

もちろん普通に買ってもいいんですけど、負けたくないので応援してくださいね!笑

拍手[11回]

PR

コメント

コメントを書く